商品カテゴリー
    
おすすめ商品

SOUL/FUNK7"

THE COOL NOTES - I FORGOT (7") (VG+/VG) 1,512円(税込)

主に80年代に活躍したUKのバンドThe Cool Notesの85年作。ソウルファンはもちろん、90's R&B好きにも支持されている小奇麗なサウンドが特徴で、この時期のシングルはどれもハズレがありません。個人的にも彼らの作品の中で最もお世話になっているのがこの"I Forgot"です。7インチだとあのスクラッチ?イントロがありませんが、12"と両方持ってるとなんとなく気持ちいいっていうのがあったりなかったりあったり。※ジャケットスレ多。

MIAMI - I CAN SEE THROUGH YOU / CHICKEN YELLOW (LET ME DO IT TO YOU) (7") (BRAND NEW) 2,160円(税込)

Willie ClarkeをはじめとしたT.K. Recordsの面々で構成されたディスコバンド、Miamiの74年作"The Party Freaks"から、Clarence Reid節さく裂のミディアムファンク"I Can See Through You"と、Showbiz & A.G. "Soul Clap"ネタとしても知られる"Chicken Yellow"を英Dynamite Cutsが初7インチ化。今回もジャケット付き、限定500枚プレスです。

CHICAGO GANGSTERS - GANGSTER BOOGIE / WHY DID YOU DO IT (7") (BRAND NEW) 2,160円(税込)

Chicago Gangsters の75年作"I Choose You"から、Ultimate Breaks & Beatsでもお馴染みの"Gangster Boogie"と"Why Did You Do It"を英Dynamite Cutsが7インチ化。今回もジャケット付き、限定500枚プレスです。

NORMAN CONNORS - SLEWFOOT COLLECTION (2x7") (BRAND NEW) 2,700円(税込)

Gary Bartz、Eddie Henderson、Jean Carnら大物が参加した74年のアルバム"Slew Foot"から"Slew Foot"や"Chuka"、キラーファンク"Back On The Streets"に"Mother Of The Future"と抜け目なくピックアップした2枚組7インチシングル。今回もジャケット付き、限定1000枚プレスです。

BABADU - WE'RE NOT TO BLAME / ALL I'VE GOT TO GIVE (7") (BRAND NEW) 2,160円(税込)

Lmuriaと双璧を成すハワイアンソウル、Babaduの名作が、Kirk Thompsonの全面強力によりこの度世界初の7インチ化です。Lmuriaの再発を買うのがやっとだった若かりし日のボクにとって、この盤は夢のまた夢でありました。2018年も数々の名作が7インチリイシューされましたが、中でも最も嬉しいカムバックとなりました。

PAGES - HEARTACHES & PAIN / MACK (7") (BRAND NEW) 1,620円(税込)

世界中のコレクター/DJから長年Wantされているモダンソウル。ブートレッグですら高値で取引されている、Pages唯一の7インチがこの度初オフィシャルリイシューです。Issac Hayesの作品に名を連ね、自身の作品"Chalenge"などでも知られるTravis Biggsがプロデュース。伸び伸びと展開する男女のツインリードが心地よい爽快なモダンダンサー"Heartaches & Pain"をA面に、裏は一転カッチリ黒いスリリングなゲットーファンク"Mack"を収録。

MICHAEL JACKSON - ROCK WITH YOU / GET ON THE FLOOR (7") (UK) (VG+/VG) 1,512円(税込)

Quincy Jonesとのゴールデンコンビで製作された79年のグレイトアルバム"Off The Wall"のハイライト。ドリーミーで、美しく、セクシーな曲。パーフェクト!

MELI'SA MORGAN - DO ME BABY (7") (VG+/VG) 864円(税込)

86年のデビューアルバム"Do Me Baby"からの先行12"。Maki The Magic氏のレコメンドを真に受けて高校時代に背伸びして買った記憶がありますが、今さらながら名バラードたる所以を感じています。いまなら「肉食系」の一言で片付けられてしまいそうな直球リリックにも85年らしいゴージャスさを感じます。

LEON WARE - WHY I CAME TO CALIFORNIA / SOMEWHERE (7") (BRAND NEW) 2,160円(税込)

1982年の5thアルバムに収録され、数多くのDJがプレイする人気曲"Why I Came To California"が国内妄想ジャケでリリース。Manhattan TransferのJanis Siegelとのデュエットによる洗練されたアーバンソウルです。当時に国内盤が出ていれば...と思わせるイナたいジャケにも是非ご注目ください。B面にはMarcos Valleとの共作ブラジリアンメロウナンバ"Somewhere"を収録。

THE FLOATERS - FLOAT ON / EVERYTHING HAPPENS FOR A REASON (7") (UK) (VG+) 864円(税込)

Detroit Emeraldsから派生したバンドFloatersの1stアルバム。バンドの舵取り役はDetroit Emeralds時代と同じくJames MitchellとMarvin Willisのツートップ。サンプリングソースとしてもおなじみです。※全体的にチリノイズあり。試聴サンプルをご確認ください。

ALEEM feat. LEROY BURGESS - LONELY TEARS (7") (VG+/VG+) 864円(税込)

70年代からNYのDiscoシーンには欠かせない存在であり、80年代中後期にはMarley Marlとの関わりもあって我々にも馴染み深いAleem兄弟の87年作。なんてことないスロウの中にウネウネ要素が潜り込んでます。Patrick Adams周辺のサウンドが好きならこういうのもありじゃないでしょうか。

TRUTH - EXCEDRIN HEADACHE #24 / COME BACK HOME (7") (VG+) 864円(税込)

フィラデルフィアのボーカルグループ、Truthの76年作。正確に刻むタイトなドラムやホーン、ボーカルどこを切っても男臭く、硬派。The O'JaysのメンバーでもあったBobby Massey絡みですが、キラキラなフィリーソウルとはひと味違います。DJプレイにも向いているんじゃないでしょうか。※センターずれによる音の歪みあり。試聴サンプルをご確認ください。

TEDDY PENDERGRASS - CLOSE THE DOOR / SHOUT AND SCREAM (7") (VG+/VG+) 540円(税込)

Harold Melvin And The Blue Notesのメンバーとしても活躍したTeddy Pendergrass。元はドラマーというから驚きです。"Love T.K.O."と並ぶ代表作である本作ですが、こちらはそのライブバージョン。黄色い声援のボリュームからしてスターっぷりが伺えます。

THE SYLVERS - COTTON CANDY (7") (PROMO) (EX) 1,296円(税込)

キッズソウルの名グループ、The Sylversの75年作。ディスコに傾倒しつつも、前作までの流れも踏襲した過渡期の作品。Fosterの変声期もこのあたりなんじゃないかと思います。"I Can Be For Real"も彼ら独特の「ひとクセ」が感じられるスロウ。

SIMPLY RED - HOLDING BACK THE YEARS (7") (VG+/VG+) 864円(税込)

85年リリースの名アルバム"Picture Book"に収録されたヒットシングル。Brand Nubian "Hold On"でサンプリングされたことでもよく知られています。ちょっと後ろ向きな歌ではありますが、アラフォーともなるとこれがまた刺さってしまうんですな。いい曲です。

SAM & DAVE - HOLD ON! I'M A COMIN' / SOUL MAN (7") (JP) (EX/VG+) 1,296円(税込)

ソウルミュージック史上最高のデュオ、Sam & Daveの67年作。名曲は多々ありますが、日本では「恋のから騒ぎ」のおかげでこれが一番知名度高そう。"Soul Man"も負けず劣らずの名曲。

ROBERTA FLACK WITH DONNY HATHAWAY - BACK TOGETHER AGAIN (7") (PROMO) (VG+/VG+) 1,296円(税込)

"You've Got A Friend"や"Where Is The Love"といった名曲を生み出した二人のタレント、Roberta FlackとDonny Hathawayによる79年作。同年他界したDonny Hathawayの遺作でもあります。製作にはJames MtumeやReggie Lucas、Gwen Guthrieらが参加。ニューソウルを牽引した一流アーティストたちによる会心のディスコ作。※ラベルにマーキングあり。

THE PLATTERS - ONLY YOU / SMOKE GETS IN YOUR EYES (7") (JP) (EX/VG+) 972円(税込)

1950年代に黒人ボーカルグループの先駆けとして大きな成功を掴んだThe Plattersの代表作"Only You"と"Smoke Gets In Your Eyes"をカップリング収録したシングル。中学のころだったか、映画「オールウェイズ」を通じて「煙が目にしみる」を知ったんですが、数あるカバーの中でもやっぱりこのバージョンが一番好きですね。映画の方はぼ〜んやりとしか覚えてませんが。※ジャケ付国内盤。

OHIO PLAYERS - SLEEP TALK / FOOD STAMPS Y'ALL (7") (VG+) 1,512円(税込)

オハイオファンクの象徴的バンド、Ohio Playersの74年作。Westboundレーベルからのリリースとしてはラストとなるアルバム"Ecstasy"からのカットで、彼らが生み出すうねりの効いた野太いサウンドがお好みならやはりこのあたりまでかなという印象。

OHIO PLAYERS - BI-CENTENNIAL / WHO'D SHE COO? (7") (VG+) 972円(税込)

オハイオファンクの象徴的バンド、Ohio Playersの76年作。タイトルからして、独立戦争を経て誕生したアメリカ合衆国の200年を記念した作品なんだと思います。曲としては断然"Who'd She Coo?"をおすすめします。Penthouse Players Clique "Pimp Lane"でサンプリングされています。


カートの中身を見る

その他のページ

International Shipping
盤反り修正サービス