LP

12"

10"

7"

ELECTRONIC

MOODYMANN - SINNER (2xLP) (BRAND NEW) 4,400円(税込)

2018年にアナウンスされるも、サンプリング問題が生じてお蔵入りしてしまったミステリアスな「UNTITLED LP」。権利がクリアになって正式リリースされるかと思いきや、5曲入りの2枚組でリリースされることに。タフで荒々しいビートとKDJでしかなしえない猥雑で多層的なハーモニーをどうぞ。

MELBA MOORE - EVERYBODY (12") (EX/EX) 550円(税込)

60年代のノーザンソウルシーンから活躍するシンガー、Melba Moorの98年作。ゆーても70〜80年代がキャリアのピークだと思いますし、この時すでに50代と考えるとだいぶ頑張ってますよね。オリジナルバージョンはまずまずとして、"Da Funk Mix"のアレンジがもうひと声な感じもします。※シュリンク、ステッカー付。

THE WISEGUYS - START THE COMMOTION (12") (UK) (VG+/VG+) 550円(税込)

HipHopを軸にしたBreakbeatsを得意とするロンドンのデュオ、The Wiseguysの2ndアルバム"The Antidote"からのカット。Fatboy Slimを筆頭にBig Beatが流行ってた時期だけに、本作や"Ooh La La"はかなりヒットした記憶があります。三菱エクリプスのCMでも使われていました。

冨田 勲 - 惑星 (LP) (VG+/VG+) 660円(税込)

UKの作曲家、Gustav Holstの作品「惑星」をシンセサイザーでアレンジした冨田勲の76年作。アニメや映画サントラを多数手がける氏ならではの宇宙観が表現され、原曲とは別次元でも楽しめるサウンドエフェクト的作品です。※帯にヨレ、若干の破れ箇所あり。

STEEPULJAX - NOW WHO'S LAUGHING (REMIXES) (12") (VG+/VG+) 880円(税込)

Femi OloweとKerrie Leeから成るデュオ、Steepuljaxの93年作。Acid Jazz的なアプローチでつくられたインスト物で、Jazzy Breakbeatsといった捉え方もできそう。派手なエディットもなく、シンプルに楽しめるビートです。※A1冒頭大きなノイズ箇所あり。

20TH CENTURY feat. JOY - HAPPY (12") (VG+) 1,320円(税込)

マニアックなイタロダンス物。Surface "Happy"のカバーではあるんですが、そうと気付くのに少々時間を要するアレンジ。なかなか面白いアイテムだと思います。

RAY HAYDEN - HAVE YOU SEEN HER (12") (VG+/VG+) 550円(税込)

Monday満ちるのプロデュースでも知られ、Opaz名義でも数々のリリースを重ねるプロデューサー、Ray Haydenの97年作。Chi-Litesのカバーではありますが、この人ならではのグールーヴに満ちたダウンテンポに仕上がっています。"New York Skyline"もおすすめ。

BRO PRODUCTIONS - THIS AND THAT (4U) (12") (VG+) 550円(税込)

UK産ヒップホップという以外ほとんど情報のないオブスキュア盤。おそらくリリースもこの一枚だと思います。ここがっ!っていうほど特筆すべき点も見当たらないのですが、Acid Jazz寄りのHipHopやGround Beatという括りでは定型でといえます。

P'TAAH - COMPRESSED LIGHT (2xLP) (VG/VG+) 880円(税込)

90年代後期よりUbiquityレーベルからリリースを重ねるChris Brannのプロジェクト、P'Taah。そのデビューアルバムとなる本作はミレニアム式フュージョンジャズ作。盤質がよろしくないのが残念ですが、その分プライスはグッと抑えましたので、この程度なら問題ないという方はぜひ。※ジャケット左上部角つぶれあり。

BLACK BOX - FANTASY (7") (EX/VG+) 1,320円(税込)

90年前後に"Ride on Time"や"Everybody Everybody"といったヒット作を生んだイタロハウスのグループ、Black Boxの90年作。当時僕は中学生で、C&C Music Factoryなんかと並行してな〜んとなく聴いておりました。Earth, Wind & Fireのカバーだと知ったのはずっと後のこと。

ALISON LIMERICK - MAKE IT ON MY OWN (7") (EX/VG+) 1,320円(税込)

UKのシンガー、Alison Limerickの代表作。90年代のUK産ダンスミュージック全体でみてもかなり流行った部類だと思います。別れた彼女にアンタなしでもうまくやっていけるワ!なんて言われたら男としては立つ瀬がないですが、ちゃんとリスペクトも残してくれているあたりがいいですね。

COTTON CANDY feat. DONNA TROLLINGER - HAVIN' FUN (12") (VG+) 1,980円(税込)

Tommy Boyレーベル初のリリースと言われる81年のシングル。Bon Rockとの共演作"Junior Wants To Play"もずいぶん長いことおすすめしてきましたが、こちらもEarly 80'sの生々しさ残るディスコ作として大推薦。インストも活躍することでしょう。

PIZZICATO FIVE - UNZIPPED EP (7") (EX/VG+) 1,980円(税込)

小西康陽と野宮真貴らから成るグループ、Pizzicato Fiveの95年作。当時流行った渋谷系の中にはイケるのとイケないのが(個人的に)ありまして、Pizzicato Fiveは後者に分類されておりました。どういうわけかこの作品だけは心を奪われてしまいまして、90年代にリリースした自分のミックスにもちゃっかり収録…なんてこともありました。

KRAFTWERK - POCKET CALCULATOR (7") (EX/VG+) 1,980円(税込)

David Bowieから坂本龍一、デトロイトテクノやヒップホップに至るまで世の音楽シーンにそれはそれは多大な影響を与えたドイツのグループ、Kraftwerkの81年作。彼らの作品の中でも三本の指には入る大好きな作品です。「ボクハオンガクカ…デタクヲカタテニ…」って日本語バージョンも収録。

DJ KRUSH - 漸 -Zen- (2xLP) (VG+/VG+) 2,200円(税込)

おそらく国内初の本格的なラップグループとして成功を収めたKrush Posseのキーパーソンであり、ソロとなってからは日本人ターンテーブリストとしてヒップホップという「借り物の文化」に対する自分なりの答えを追求。Mo Waxからのリリースとなった"Strictly Turntablized"を皮切りに次々と作品を発表し、世界的に評価されるDJのひとりとなりました。

DEADBEATS - GOT IT GOIN ON (12") (VG+/--) 1,540円(税込)

UKのDJ/Producerチーム、Deadbeatsの99年作。90年代中期からリリースがあり、元々ヒップホップ寄りなインスト作をつくるイメージがありますが、この年代になるとより緻密な表現力を身につけています。ユルめのダウンテンポがお好きならAimによるRemixもおすすめ。Shaggyに扮してガチイタ電する曲、というか音源"I'm Tellin Ya ..."も笑えるのでとりあえず一回だけどうぞ。

V.A. - I'M A VOCODER (LP) (BRAND NEW) 2,640円(税込)

ますます盛り上がりをみせるスペインのModern Boogieシーン。そのブームを牽引するレーベル、Neon Fingerからのコンピレーションが到着。Vocoderにスポットを当てた企画で、このジャンルにおけるトップクリエイターたちが「我こそは!」と名乗りをあげ実現した8作品が並びます。

ZACH WITNESS - ELECTRIC REVIVAL: RISE OF AN OUTKAST NATION (LP) (BRAND NEW) 2,750円(税込)

Erykah Badu "But You Caint Use My Phone"で大々的に抜擢されたテキサスが誇る才能、プロデューサーZach Witnessによる5曲入りEP。盟友であるOutkastのAndre 3000へのバースデーギフトとして制作されたという逸話もある、なんとも意味深で新鋭なニューソウル作品です。


カートの中身を見る

その他のページ

International Shipping
盤反り修正サービス