商品カテゴリー
おすすめ商品


LP

12"

10"

7"

ELECTRONIC

BENNY SINGS - NOT ENOUGH (7") (BRAND NEW) 1,650円(税込)

Stones Throwから全米デビューを果たしたオランダのSSW/プロデューサー=ベニー・シングス。2018年にリリースした新作アルバム"City Melody"に収録された"Not Enough"が7インチカット。B-SideにはTuxedoによるリミックスを収録。

V.A. - GILLES PETERSON - WORLDWIDE PROGRAMME 3 (2xLP) (VG+/VG+) 1,320円(税込)

Gilles Peterson監修のコンピレーションシリーズ第三弾。Talkin' Loud時代からこの人の信者ですが、やっぱり選ぶ音にGillesらしさがあって、また学ぶところも多い。いい企画だと思います。A2やA3は特に僕好み。Marvin Gaye "Heavy Love Affair"なんかも、こういう並びだとまた違って聴こえるから不思議です。

MELBA MOORE - EVERYBODY (12") (EX/EX) 550円(税込)

60年代のノーザンソウルシーンから活躍するシンガー、Melba Moorの98年作。ゆーても70〜80年代がキャリアのピークだと思いますし、この時すでに50代と考えるとだいぶ頑張ってますよね。オリジナルバージョンはまずまずとして、"Da Funk Mix"のアレンジがもうひと声な感じもします。※シュリンク、ステッカー付。

THE WISEGUYS - START THE COMMOTION (12") (UK) (VG+/VG+) 550円(税込)

HipHopを軸にしたBreakbeatsを得意とするロンドンのデュオ、The Wiseguysの2ndアルバム"The Antidote"からのカット。Fatboy Slimを筆頭にBig Beatが流行ってた時期だけに、本作や"Ooh La La"はかなりヒットした記憶があります。三菱エクリプスのCMでも使われていました。

THE WISEGUYS - OOH LA LA (12") (IT) (VG+/VG+) 550円(税込)

HipHopを軸にしたBreakbeatsを得意とするロンドンのデュオ、The Wiseguysの2ndアルバム"The Antidote"からのカット。Fatboy Slimを筆頭にBig Beatが流行ってた時期だけに、本作や"Start The Commotion"はかなりヒットした記憶があります。ダンサーのショウケースでもよく使われていました。

冨田 勲 - 惑星 (LP) (VG+/VG+) 660円(税込)

UKの作曲家、Gustav Holstの作品「惑星」をシンセサイザーでアレンジした冨田勲の76年作。アニメや映画サントラを多数手がける氏ならではの宇宙観が表現され、原曲とは別次元でも楽しめるサウンドエフェクト的作品です。※帯にヨレ、若干の破れ箇所あり。

SAM SEVER AND THE RAIDERS OF THE LOST ART - WHAT'S THAT SOUND? (12") (VG/VG+) 660円(税込)

古くは3rd BassやNikki Dのプロデュースを手掛けたNYのビートメイカー、Raiders Of The Lost Artの95年作。Big Beatからリリースされた1stシングル"Back In The Day"もカッチリしていてなかなかいい作品でしたが、本作はMo Wax色も感じる、より音楽性の高いインスト作となっています。B-Sideの二曲がおすすめ。※A1冒頭ノイズ箇所あり。

STEEPULJAX - NOW WHO'S LAUGHING (REMIXES) (12") (VG+/VG+) 880円(税込)

Femi OloweとKerrie Leeから成るデュオ、Steepuljaxの93年作。Acid Jazz的なアプローチでつくられたインスト物で、Jazzy Breakbeatsといった捉え方もできそう。派手なエディットもなく、シンプルに楽しめるビートです。※A1冒頭大きなノイズ箇所あり。

20TH CENTURY feat. JOY - HAPPY (12") (VG+) 1,320円(税込)

マニアックなイタロダンス物。Surface "Happy"のカバーではあるんですが、そうと気付くのに少々時間を要するアレンジ。なかなか面白いアイテムだと思います。

TOM & JOYCE - VAI MINHA TRISTEZA (LES REMIXES) (12") (VG+/VG+) 550円(税込)

Thomas NaimとJoyce Hozeの従兄妹デュオ、Tom & Joyceのデビューシングル。彼らの名を知らしめた楽曲であり、のちにFrancois KやEric Kupperによるリミックスも登場したことでさらに広く愛される作品となりました。個人的にはBob Sinclarのバージョンが一番好きですが、このシングルのA-Sideに収められた2バージョンもそれに次いで好み。

CLEMENTINE - COULEUR CAFE (12") (EX/VG+) 3,960円(税込)

フランスはパリ出身のジャズ、ポップシンガー、Clementineが99年にリリースしたアルバム"Couleur Cafe"からの国内オンリープロモ12"カット。Ben & Leo Sidran親子によるプロデュースで、Remixも含め聴く時代、シチュエーションを選ばない、万人に愛されるポップな作品に仕上がっています。

JAMES CLARKE - BLOW UP A-GO-GO! (12") (EX/VG) 1,650円(税込)

60'sのジャズやサイケロックのコンピレーション"Blow Up"からのカット。James Clarke "Blow Up A-Go-Go!"はGAPのCMで採用され、ちょうど当時店員として働いてたもんでこれを聴くと妙な気分になります。この盤たしか国内プロモオンリーの12"だったと思いますが、 けっこう珍しいのでお探しでしたらお早めにどうぞ。

CRYSTAL WATERS - GYPSY WOMAN (SHE'S HOMELESS) (12") (UK) (VG/VG) 660円(税込)

ジャズミュージシャンの両親をもちながら、自らはクラブミュージックの世界で花を咲かせたシンガー、Crystal Waters。91年リリースのデビューアルバム"Surprise"からの大ヒットシングル。ジャンルの垣根を越えて愛され、今もなお色褪せない名作です。

RAY HAYDEN - HAVE YOU SEEN HER (12") (VG+/VG+) 550円(税込)

Monday満ちるのプロデュースでも知られ、Opaz名義でも数々のリリースを重ねるプロデューサー、Ray Haydenの97年作。Chi-Litesのカバーではありますが、この人ならではのグールーヴに満ちたダウンテンポに仕上がっています。"New York Skyline"もおすすめ。

TERRY CALLIER - LOVE THEME FROM SPARTACUS (12") (VG+/VG+) 880円(税込)

"What Color Is Love"や"Occasional Rain"といった名アルバムを残したシカゴのジャズミュージシャン、Terry Callierの98年作。4 Heroのミックスがアタマふたつは抜けてると思います。Zero 7 Remixも(ビート入る前にサンプル終わっちゃいますが…)おすすめです。

BRO PRODUCTIONS - THIS AND THAT (4U) (12") (VG+) 550円(税込)

UK産ヒップホップという以外ほとんど情報のないオブスキュア盤。おそらくリリースもこの一枚だと思います。ここがっ!っていうほど特筆すべき点も見当たらないのですが、Acid Jazz寄りのHipHopやGround Beatという括りでは定型でといえます。

T.P.O. / TYCOON TOSH - MAJOR FORCE REMIXES (2x12") (VG+/VG+) 660円(税込)

藤原ヒロシ&高木完のユニット、T.P.Oと、Plasticsの故中西俊夫が89年に残した音源"Hiroshi's Dub"と"Country House"のRemixes。Frankie Knuckles "The Whistle Song"でも印象的な音色を聴かせたフルート奏者、Paul ShapiroやJoe Claussell、DJ Harveyらが携わっています。

V.A. - SHOWA/64 (2xLP) (VG/VG+) 1,320円(税込)

日本が世界に誇るジャズミュージシャン、ビート職人たちの音源をまとめたコンピレーション。Dennis Bovellが製作に携わり、ヒップホップにも多大な影響を与えたエレクトロクラシック"Riot In Lagos"や、入手はもちろん、お目にかかることすらめったにない、Anne Young & Yuji Ohno Trio "Speak Low"などなど収録。

MONEY MARK - PUSH THE BUTTON (12",10") (VG+/VG+) 1,320円(税込)

Beastie BoysやGrand Royal、Mo Wax関連諸作、Blackaliciousといったラインで活躍したミュージシャン、Money Markの98年作。ロック、ブレイクビーツからラテンまで縦横無尽に駆け巡る奇想天外な作品。7インチ欠品のためプライスはお安めで。ただ、曲単位で考えると7インチに収録の"Push The Button"はそこまで重要じゃないように思います。ご判断ください。

LUKE VIBERT - DO UNTO OTHERS (12") (VG+/VG+) 660円(税込)

実験的なサンプリングミュージックの作り手、Luke Vibertの97年作。Plug名義ではジャングルやドラムンベースを主軸としていましたが、Mo Waxからのリリースはブレイクビーツやダウンテンポがメイン。このシングルなんかはまさにMo Waxカラーのビートが詰まっています。


カートの中身を見る

その他のページ

International Shipping
盤反り修正サービス