商品カテゴリー
    
おすすめ商品


LP

12"

10"

7"

ELECTRONIC

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
TOKiMONSTA - FOVERE 2,808円(税込)

LA在住のミュージシャンTOKiMONSTAの最新作。Anderson .Paakをfeatした"Put It Down"に気を取られがちですが、Jonny PierceやGavin Turekといった無名のシンガーさんらをfeatした楽曲一つひとつに彼女の世界観が感じられ、一枚通して何度も聴き流すうちにひとつの作品としての輪郭がみえてくるように思いました。が、みなさまいかがでしょうか?

EKKAH x DAM-FUNK - WHAT'S UP / SPACE BETWEEN US 2,376円(税込)

80'sモダン・ソウルやディスコ・サウンドを、自らのヴィンテージ実機で奏でるプロデューサー:DAM-FUNKと、イギリスからポップでディスコなナンバーを発信する女性デュオ、Ekkahとのコラボレーション作品が12"インチでリリース。インストも収録しています。

BOZ SCAGGS - JOJO (12") 3,240円(税込)

David Foster、Ray Parker Jr.、Steve Lukather、Sharon Reddといった多彩な面々が脇を固めた80年作"Middle Man"の目玉シングル。

HERBIE HANCOCK - ROCKIT (12") 1,620円(税込)

昨今は踊る!さんま御殿!!のサブ出しBGMとして定着しているのがやや残念ですが、ヒップホップという音楽文化をマスにアピールした重要な作品です。ドキュメンタリー映画"Scratch"の中でCut ChemistやMix Master MikeもDJingへの初期衝動としてこの作品を挙げているほど。30年以上経った今でさえ近未来を感じるサウンドですから84年にグラミー賞を観ていた人々にはどれほど奇異にうつったことか。※ジャケットにシール貼り、ラベルにマーキングあり。

INCOGNITO - JUMP TO MY LOVE / ALWAYS THERE 540円(税込)

UKのAcid Jazzブームを牽引したバンドIncognito。盛者必衰の音楽業界で他のグループが失速していく中、時代にフィットした進化を遂げながら最新作"Amplified Soul"に至るまでコンスタントにリリースを重ねているのが彼らのすごいところ。本作は96年にリリースされたリミックスアルバムからのカット。91年にリリースしたSide Effectの名曲カバーをさらにブラッシュアップしています。

FREDDY FRESH - THE LAST TRUE FAMILY MAN (2xLP) 540円(税込)

ディスクガイドRap Recordsでも知られるFreddy Fresh先生の98年作。Rap Recordsにはずいぶんお世話になりましたが、この頃はFatboy SlimやFreestylersとのコラボなどが目立っていたせいかBig Beatの人という認識でした。あらためて聴き直すとやはりRap好きなのが伝わってくるビート作りですね。

TIM 'LOVE' LEE - CONFESSIONS OF A SELECTOR (2xLP) (VG+/VG) 864円(税込)

元々UKのDJ/プロデューサーだと思いますが現在はNYに活動拠点を移しているようです。本作は2000年あたり渋谷DMRにあふれ返ってたようないわゆるネタ系のBreakbeatsの先駆けとも言える内容。今聴き直してもダサくない、しっかり作りこまれたビートが多いです。

QUANTIC & ALICE RUSSELL WITH THE COMBO BARBARO - LOOK AROUND THE CORNER (10") 1,080円(税込)

Tru Thoughtsレーベルの看板アーティストQuanticの2012年作。2000年代前半でやりつくした感のあるいわゆるBreakbeats的手法から離れ、Alice Russellのボーカルを活かすソウルフルな作品づくりを実践しています。

PREFUSE 73 / THE BOOKS - PREFUSE 73 READS THE BOOKS E.P. (12") 540円(税込)

"Vocal Studies + Uprock Narratives"に反応し切れなかった輩をも完全に虜にした2ndアルバム以降精力的にリリースを重ねたPrefuse 73の2005年作。作風が少し変わってきたのがこのあたりかもしれません。美しく研磨された音の粒ひとつひとつが大きなうねりとなって曲になる。そんな感じ。

V.A. - ABSENCE OF COLOR PHASE V & VI (12") 324円(税込)

Steve SpacekやSa-Ra以外の作品も掘り返すと面白い発見があるSound In Colorレーベル。カリフォルニアはパームスプリングスのビートメイカーDJ Dayの作品がおすすめ。

V.A. - MU.SIC #2 (12") 540円(税込)

Steve SpacekやSa-Ra以外の作品も掘り返すと面白い発見があるSound In Colorレーベル。ビートメイキングにおける西海岸の風を感じられるシリーズ第二弾。"Rise Reprise"ではCut Chemistがフィーチャーされています。

KIMARA - A NIGHT TO REMEMBER (12") (VG+/VG+) 1,296円(税込)

リリース当時から一発屋臭だいぶきてましたけど、まぁ案の定でしたね。Jody Watleyには遠く及ばないもののトータル的な高揚感はオリジナルに引けを取らないほどで、90年代後期のダンスフロアにはマッチしていたと思います。これもBPM早めのR&BやNJS路線が好きに方におすすめするのが筋かなと思います。

BELLE FARMS ESTATE - PUDDIN (KENNY DOPE REMIXES) (12") (VG+) 540円(税込)

メリーランド州のバンドで、ジャズギタリストのMaynard Parkerがプロデュースしているっていうくらいしか情報がないのですが、Kenny Dopeが引っぱってくるだけのブツではあります。ただ、エディット自体はMain MixよりInstバージョンの方がいい出来だと思います。

V.A. - GILLES PETERSON - WORLDWIDE PROGRAMME 3 (2xLP) (VG+/VG+) 1,620円(税込)

Gilles Peterson監修のコンピレーションシリーズ第三弾。Talkin' Loud時代からこの人の信者ですが、やっぱり選ぶ音にGillesらしさがあって、また学ぶところも多い。いい企画だと思います。A2やA3は特に僕好み。Marvin Gaye "Heavy Love Affair"なんかも、こういう並びだとまた違って聴こえるから不思議です。

BOMB THE BASS - BEAT DIS (12") (VG+/VG+) 864円(税込)

UKのプロデューサー、Tim Simenon率いるBomb The Bassのデビューシングル。Coldcut "Beats And Pieces"やM|A|R|R|S "Pump Up The Volume"と同じニオイがするネタの切り貼り具合。87年の最先端をいくミュージックだったのでしょうね。

V.A. - I'M A VOCODER (LP) (BRAND NEW) 2,592円(税込)

ますます盛り上がりをみせるスペインのModern Boogieシーン。そのブームを牽引するレーベル、Neon Fingerからのコンピレーションが到着。Vocoderにスポットを当てた企画で、このジャンルにおけるトップクリエイターたちが「我こそは!」と名乗りをあげ実現した8作品が並びます。

DAM-FUNK - ARCHITECTURE (12") (BRAND NEW) 1,944円(税込)

Larry Heardとの12"や、Nite JewelとのNITE-FUNK名義12"など次々と新たなるディレクションと才能を明示するDam-Funkの"Architecture"が12"再発。ビンテージドラムマシーンの響きから繰り広げられる「間」が漆黒のグルーヴを奏でる"Break Out"を筆頭に、アップテンポでねっとりとしたブギー/ディスコを展開した、ファンクミュージックの宇宙絵巻。

DAM-FUNK - ARCHITECTURE II (12") (BRAND NEW) 1,944円(税込)

次々と新たなるディレクションと才能を明示するDam-Funkが、スペインのダンスレーベル"SAFT"から"Architecture"の第二弾を12"で発表。

REJOICER - ENERGY DREAMS (LP) (BRAND NEW) 2,916円(税込)

ジャズやワールドミュージックにヒップホップ、ソウル、ポップスといった様々な音楽が交り合い新しいうねりを形成し、今世界中から熱い注目を浴びるイスラエルのシーン。Flying LotusやKieferなどのL.A.の現行ジャズ x ビートシーンとも交差するような、Rejoicer待望のアルバムがStones Throwからリリースです。

DEADBEATS - GOT IT GOIN ON (12") (VG+/--) 1,512円(税込)

UKのDJ/Producerチーム、Deadbeatsの99年作。90年代中期からリリースがあり、元々ヒップホップ寄りなインスト作をつくるイメージがありますが、この年代になるとより緻密な表現力を身につけています。ユルめのダウンテンポがお好きならAimによるRemixもおすすめ。Shaggyに扮してガチイタ電する曲、というか音源"I'm Tellin Ya ..."も笑えるのでとりあえず一回だけどうぞ。


カートの中身を見る

その他のページ

International Shipping
盤反り修正サービス