商品カテゴリー
    
おすすめ商品

Pete Rock

GHOSTFACE KILLAH - THE CHAMP / KILO / DOGS OF WAR (12") (VG+) 1,620円(税込)

Wu-Tang Clanのいちメンバーから、ソロとしておそらく最も大きな成功を掴んだMC、Ghostface Killahの2006年作。アルバム”Fishscale”は初期Wu-Tangを知らない世代にもグッサリ刺さった作品で、本作もまた、時のDJたちによって夜な夜なプレイされておりました。Just Blazeらしいこのド派手なビートは、2006年らしさもありつつ、NYの伝統もちゃんと感じさせてくれますね。Pete Rockが手がけた”Dogs Of War”もおすすめ。

JERU THE DAMAJA - YOU CAN'T STOP THE PROPHET (12") (EX/VG+) 756円(税込)

"Come Clean"同様手加減一切無しのDJ Premier Works!b/wには"The Show"で味付けされた"Pete Rock Remix"を収録。94年当時東海岸のプロデューサーの間で人気を二分していたこの二人が製作を手がけた手堅い作品。

JERU THE DAMAJA - YOU CAN'T STOP THE PROPHET (12") (VG/VG+) 540円(税込)

"Come Clean"同様手加減一切無しのDJ Premier Works!b/wには"The Show"で味付けされた"Pete Rock Remix"を収録。94年当時東海岸のプロデューサーの間で人気を二分していたこの二人が製作を手がけた手堅い作品。

ALL CITY - THE ACTUAL (12") (VG+/VG+) 432円(税込)

Onyxのバックアップで98年に"Metropolis Gold"というアルバムと数枚のシングルを残しシーンから姿を消したデュオ。中でも人々の印象に残っているとすればおそらくこの12"なんではないでしょうか。"The Actual"はDJ Premierが、"Priceless"はPete Rockがプロデュース。

ALL CITY - THE ACTUAL (12") (VG+/VG+) 432円(税込)

Onyxのバックアップで98年に"Metropolis Gold"というアルバムと数枚のシングルを残しシーンから姿を消したデュオ。中でも人々の印象に残っているとすればおそらくこの12"なんではないでしょうか。"The Actual"はDJ Premierが、"Priceless"はPete Rockがプロデュース。

PETE ROCK & C.L. SMOOTH - UNRELEASED JOINTS (12") (VG+/VG+) 1,080円(税込)

Pete Rock & C.L. Smoothの初期作の中で、入手困難なタイトルをまとめた国内オンリーのEP。特にA2はオリジナルでとなると相当な覚悟が必要ですから、こういう企画の恩恵にあずかるのは決して悪い選択ではないと思います。

PETE ROCK - NOTHIN' LESSER / GIVE IT TO Y'ALL (12") (VG+/VG+) 648円(税込)

2001年、BBEからリリースのソロアルバム"PeteStrumentals"からのカット。実験的なプロジェクトではあるものの、後のPete Rockサウンドを確実に方向づけた作品だと思います。

PETE ROCK - TRU MASTER (12") (VG+/VG+) 648円(税込)

C.L. Smoothとのゴールデンコンビニに区切りをつけて臨んだ98年のソロデビューアルバム"Soul Survivor"からのカット。この時期のPete Rockらしい重心の低いビートメイキングと、シングルに求められるインパクトの部分を兼ね備えた作品。プロですね。

PETE ROCK & C.L. SMOOTH - SHINE ON ME / CLIMAX (12") (VG+) 648円(税込)

"The Main Ingredient"という傑作を産み落として以来それぞれの道を歩んでいた二人の約8年ぶりとなるリユニオン作。とはいえその話題性は後の"It's A Love Thing"ほどのインパクトはなく、知る人ぞ知るリリースだったように思います。

PETE ROCK - BACK ON DA BLOCK (12") (EX/VG+) 864円(税込)

Handcutsからリリースされたジャパンオンリー12"。Main Ingredient時代から更なる進化を遂げたPete Rockのビートとやっぱり相性抜群のC.L.。"It's A Love Thing"への前哨戦にしても贅沢な響きです。

DA BEATMINERZ - OPEN feat. CARON WHEELER (12") (VG+) 540円(税込)

Ground BeatやUK Soulといったムーヴメントの中で脚光を浴びたディーヴァCaron WheelerがRawkusの作品に参加するというだけで「どれどれ」と思う方も多いでしょう。作り込みの甘さは否めないもののPete Rock Remix含め聴きどころは多い12"です。

TOM SCOTT - THE HONEYSUCKLE BREEZE (LP) (1972) 11,880円(税込)

Pete Rock & CL Smooth "T.R.O.Y."ネタ"Today"収録の人気LP。カリフォルニアの広大さをその音からも感じ取れる気持ちのいい作品。※VAN GELDER 刻印あり72年プレス。近年の再発ではありません。※B2キューバーンあり。サンプルでご確認ください。

THE CANNONBALL ADDERLEY QUINTET - MUSIC, YOU ALL (LP) 2,808円(税込)

ジャズサックス奏者、Cannonball Adderleyがリーダーを務めるクインテットの76年作。おすすめしたいのはやはり"Capricorn"でしょうか。Pete Rock & C.L. Smooth "In The House"やCommon Sense "WMOE"でサンプリングされました。※A3にややキューバーンあり。サンプルをご確認ください。

ALL CITY - THE ACTUAL (12") (EX/VG+) 540円(税込)

Onyxのバックアップで98年に"Metropolis Gold"というアルバムと数枚のシングルを残しシーンから姿を消したデュオ。中でも人々の印象に残っているとすればおそらくこの12"なんではないでしょうか。"The Actual"はDJ Premierが、"Priceless"はPete Rockがプロデュース。

JERU THE DAMAJA - YOU CAN'T STOP THE PROPHET (12") (VG+/VG+) 648円(税込)

"Come Clean"同様手加減一切無しのDJ Premier Works!b/wには"The Show"で味付けされた"Pete Rock Remix"を収録。94年当時東海岸のプロデューサーの間で人気を二分していたこの二人が製作を手がけた手堅い作品。

PETE ROCK - REVENGE (REMIXED BY MURO) (12") 540円(税込)

"Back On Da Block"に続きHandcutsからリリースされたジャパンオンリー12"。我らがMuroによるRemixはレアグルーヴそのもの。※シュリンク付。

THE IMPRESSIONS - THREE THE HARD WAY (ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK) (RE) 1,296円(税込)

Gordon Parks, Jr.が監督を務め、Jim BrownやJim Kellyが主演しているブラックスプロイテーション映画"Three The Hard Way"のサントラ。製作はシカゴソウルの代表格The Impressionsが担当。”On The Move”はPete Rock ”Tru Master”でサンプリングされています。180G盤で音質も良好。※シュリンク付。

PETE ROCK - PETESTRUMENTALS 1,944円(税込)

同年リリースのJay Dee "Welcome 2 Detroit"と並んでこの年のBBEレーベルを象徴する名作であり、インストアルバムという点ではPete Rockの新境地でもありました。フィルターがかった上ネタとメリハリの効いたベース、重厚なドラムが織りなすビートメイキングの深淵。C.L. Smoothも一曲参加しています。

K-SOLO - LETTERMAN (VG) 1,944円(税込)

Pete Rockモノということもあり"Spellbound"と並んで人気の高い12インチ。Atomic Dog使いのぶっといトラックに豪腕パンチを振り下ろすようなフローが魅力。※冒頭(A1/B1とも30秒程度)部分に歪みあり。針が揺れ若干ノイズが乗ります。サンプルでご確認ください。それを除けばVG+コンディション。

A.D.O.R. - ENTER THE CENTER (VG+/VG+) 756円(税込)

K-Def & Marley Marl、Diamond D、Pete Rockらのバックアップで世に出たMCで"Let It All Hang Out"のヒットが広く知られていますが、レーベル移籍もあってかこのシングルが出るまでずいぶん間があきました。"Let It All Hang Out"同様プロデュースはPete Rock。


カートの中身を見る

その他のページ

International Shipping
盤反り修正サービス