商品カテゴリー
    
おすすめ商品

SOUL/FUNK12"

■おすすめ順 ■価格順 ■新着順
KOOL & THE GANG - GREATEST HITS & MORE 324円(税込)

"Jungle Boogie"や"Hollywood Swinging"といったKool & The Gangのヒット作リメイクEP。サウンドに関しては88年モノという中途半端さが否めませんがミックスには向いているかと思います。うまく使ってやってください。

V.A. - VOLUME 6 PROGRAM 11 (VG+) 2,700円(税込)

ディスコヒットをロングエディットやリミックスという形で楽しむ手法を早くから実践したレーベルDisconetのコンピレーションシリーズ。Volume 6の人気を支える"Lesson Two"収録!

BREAKESTRA - THE LIVE MIX PART 2 (VG+/VG+) 972円(税込)

98年のデビューから瞬く間にStones Throwレーベル内でも非常に存在感のあるバンドに成長し、日本での人気も高かった彼ら。言わずと知れたBreaksの王道を切り貼りしたような半ば反則な構成ながら、直感的に聴いて楽しめる作品としてこれ以上は望めないほどのボリュームです。

V.A. - VOLUME 6 PROGRAM 11 (VG+) 2,376円(税込)

ディスコヒットをロングエディットやリミックスという形で楽しむ手法を早くから実践したレーベルDisconetのコンピレーションシリーズ。Volume 6の人気を支える"Lesson Two"収録!

MICHAEL JACKSON WITH THE JACKSON 5 - I WANT YOU BACK '88 REMIX 1,728円(税込)

どちらが先に作られたかわかりませんがEric B. & Rakim "I Know You Got Soul"のUK Remixと同オケの88 Remix 12"。オリジナル・バージョンや"Never Can Say Goodbye"も収録で何かと好都合なアイテム。

GREGORY ABBOTT - SHAKE YOU DOWN (12") 1,296円(税込)

NY出身のシンガー・ソングライターGregory Abbottのデビューアルバムタイトル作。僕は全然リアルタイムじゃないですが、当時USチャート一位を記録し、ヨーロッパでもかなりヒットしたようですね。このハーモニカの音色がどこか牧歌的というか、少なくともアーバンとは逆方向のユルさを演出しています。の〜んびり聴けるソウルとしておすすめ。※ラベルにマーキングあり。

THE SHADES OF LOVE - KEEP IN TOUCH (BODY TO BODY) (VG+/VG) 2,160円(税込)

Patrick Adamsプロデュース作。熱を帯びたボーカルはMeli'sa Morganによるもの。Electric Boogieを集めたコンピレーションアルバム、"Eyes On The Prize"でこれを知って以来虜になりました。ラベルのデザインもなんか好きなんですよね。

MICK JACKSON - WEEKEND 2,160円(税込)

UKのシンガーソングライターMick Jacksonのヒット作。週末のディスコを思いきり楽しむために作られたような痛快な作品。私個人はフリーソウルの一角として知った曲ですが、インスト含め今ならまた違う解釈もできるんじゃないでしょうか。

BEAUTIFUL BEND - THAT'S THE MEANING/BOOGIE MOTION / MAKE THAT FEELING COME AGAIN!/AH--DO IT 1,296円(税込)

ロシア出身のプロデューサー、Boris Midneyが発起人となって組織されたディスコバンド、Beautiful Bendの78年作。同年のアルバムタイトル作"Make That Feeling Come Again!"も収録。いずれもT.K. Discoの既定路線からは少し外れたひとクセあるディスコ。

MARTI - HEY LOVE (PROMO) 1,620円(税込)

残した作品が極端に少なく、有力なアーティスト情報もあまりないですが、T.K. Discoの中では常に一定の評価を得ている盤だと思います。誰もが好む小気味よいパーカッションやボーカルの鮮やかさ、王道ともいえる展開がその理由かもしれません。

BETTY WRIGHT - LOVIN' IS REALLY MY GAME 1,080円(税込)

マイアミソウルの代表格、Betty Wrightが78年にリリースしたライブ盤"Betty Wright Live"からのカット。ハイテンポかつライブということで、伸び伸びとしたBetty節が堪能できるシングルです。裏面はオーディエンス入り。より臨場感を味わえるバージョンです。

PETER BROWN - DO YA WANNA GET FUNKY WITH ME 1,512円(税込)

シンガーソングライターとして数多の作品を残す奇才、Peter Brownが77年にリリースした名アルバムのタイトルシングル。フックになる仕掛けがいちいち中毒性高く、でも曲としてバランスよく仕上がってるこの人ならではの作品。※ラベルにダメージあり。

DADDY DEWDROP - NANU, NANU (I WANNA FUNKY WICH YOU) / THE REAL THING 1,728円(税込)

オハイオ出身のミュージシャン、Daddy Dewdropの78年作。"Nanu, Nanu"は、少ない音数で淡々と進行するディスコファンク作。気だるいボーカルを乗せたコズミックサウンドの"The Real Thing"も名作。

STAR CITY - I'M A MAN / I CAN'T GET OVER YOU 1,620円(税込)

The Spencer Davis Groupの67年作をカバーしたStar Cityの代表作。オリジナルの暑苦しさは半減していますが、それでも78年モノとしてはだいぶ濃いですね。サンプルの尺が短くて本題に入る前に終わってしまいますが、続きはyoutubeなどで聴いてみてください。

PETER BROWN - CRANK IT UP (FUNK TOWN) 864円(税込)

シンガーソングライターとして数多の作品を残す奇才、Peter Brownが79年にリリースした2ndアルバム"Stargazer"からのカット。いつものネチネチしたディスコというよりは、Rock、AOR色の濃い作品。

TIMMY THOMAS - FREAK IN, FREAK OUT / SAY LOVE, CAN YOU CHASE AWAY MY BLUES? 1,080円(税込)

"Why Can't We Live Together?"のヒットでおなじみのTimmy ThomasがT.K. Discoからリリースした78年作。Chic "Le Freak"と重なるのはタイトルだけではないような…。プロデュースはClarence Reidなんですね。

LAURA TAYLOR - DANCIN' IN MY FEET (THEME FROM DISCO MAGIC) 1,728円(税込)

90年代以降はジャズシンガーとして活動したLaura Taylorの78年作。この年代はがっつりディスコシンガーで、"Dancin' In My Feet"はその代表作。ですがおすすめは"Lady Scorpio"の方。

JOE THOMAS - MAKE YOUR MOVE / GET ON BACK (PROMO) 1,728円(税込)

"Coco"や"Polarizer"、"Mr. Mumbles"など、ネタ視点でも魅力的な作品の多いジャズフルート奏者、Joe Thomasの79年作。フルートはさておき、ゴージャスな演奏とボーカルで聴かせるグルーヴィーなディスコです。

LONNIE SMITH - DO IT (PROMO) 1,944円(税込)

"Move Your Hand"に代表されるBlue Note期の作品や、ネタの宝庫"Funk Reaction"などで知られるジャズキーボード奏者、Lonnie Smithの79年作。強烈なインパクトをもったイントロで幕を開けるDisco Boogieです。

LONNIE SMITH - DO IT (PROMO) (WOL) 1,728円(税込)

"Move Your Hand"に代表されるBlue Note期の作品や、ネタの宝庫"Funk Reaction"などで知られるジャズキーボード奏者、Lonnie Smithの79年作。強烈なインパクトをもったイントロで幕を開けるDisco Boogieです。※ラベルにマーキングあり。


カートの中身を見る

その他のページ

International Shipping
盤反り修正サービス