商品カテゴリー
    
おすすめ商品


LP

12"

10"

7"

ELECTRONIC

V.A. - ABSENCE OF COLOR PHASE V & VI (12") 324円(税込)

Steve SpacekやSa-Ra以外の作品も掘り返すと面白い発見があるSound In Colorレーベル。カリフォルニアはパームスプリングスのビートメイカーDJ Dayの作品がおすすめ。

DUB DIABLO - DISCO HEADACHE (12") (VG/VG+) 432円(税込)

西海岸のビートメイカーDub Diabloの2000年作。メリーゴーランドのようなめくるめくビートの世界に引きずり込まれる作品で、この手のBreakbeatsモノの中では音楽性の高さも図抜けています。2002年作"Tomorrow's Radio"もおすすめ。※ラベルにシール跡あり。

THE CHEMICAL BROTHERS - GALVANIZE 540円(税込)

2004年リリースのアルバム"Push The Button"からのカット。これも大ヒットしましたよね。元々Beastie Boysに傾倒していたラップ愛のあるコンビだけにQ-Tipとの絡みも違和感なし。33回転のUS盤です。

INCOGNITO - JUMP TO MY LOVE / ALWAYS THERE 540円(税込)

UKのAcid Jazzブームを牽引したバンドIncognito。盛者必衰の音楽業界で他のグループが失速していく中、時代にフィットした進化を遂げながら最新作"Amplified Soul"に至るまでコンスタントにリリースを重ねているのが彼らのすごいところ。本作は96年にリリースされたリミックスアルバムからのカット。91年にリリースしたSide Effectの名曲カバーをさらにブラッシュアップしています。

FREDDY FRESH - THE LAST TRUE FAMILY MAN (2xLP) 540円(税込)

ディスクガイドRap Recordsでも知られるFreddy Fresh先生の98年作。Rap Recordsにはずいぶんお世話になりましたが、この頃はFatboy SlimやFreestylersとのコラボなどが目立っていたせいかBig Beatの人という認識でした。あらためて聴き直すとやはりRap好きなのが伝わってくるビート作りですね。

PREFUSE 73 / THE BOOKS - PREFUSE 73 READS THE BOOKS E.P. (12") 540円(税込)

"Vocal Studies + Uprock Narratives"に反応し切れなかった輩をも完全に虜にした2ndアルバム以降精力的にリリースを重ねたPrefuse 73の2005年作。作風が少し変わってきたのがこのあたりかもしれません。美しく研磨された音の粒ひとつひとつが大きなうねりとなって曲になる。そんな感じ。

V.A. - MU.SIC #2 (12") 540円(税込)

Steve SpacekやSa-Ra以外の作品も掘り返すと面白い発見があるSound In Colorレーベル。ビートメイキングにおける西海岸の風を感じられるシリーズ第二弾。"Rise Reprise"ではCut Chemistがフィーチャーされています。

BELLE FARMS ESTATE - PUDDIN (KENNY DOPE REMIXES) (12") (VG+) 540円(税込)

メリーランド州のバンドで、ジャズギタリストのMaynard Parkerがプロデュースしているっていうくらいしか情報がないのですが、Kenny Dopeが引っぱってくるだけのブツではあります。ただ、エディット自体はMain MixよりInstバージョンの方がいい出来だと思います。

DUB DIABLO - DISCO HEADACHE (12") (VG+/VG+) 648円(税込)

西海岸のビートメイカーDub Diabloの2000年作。メリーゴーランドのようなめくるめくビートの世界に引きずり込まれる作品で、この手のBreakbeatsモノの中では音楽性の高さも図抜けています。2002年作"Tomorrow's Radio"もおすすめ。

V.A. - REWIND! 2 (12") (VG+/VG+) 756円(税込)

V.A. "Rewind! 2"からのカット。Stones Throwからのリリースでも知られるYesterdays New Quintetが"Deja Vu"を、SaadiqとWaajeedからなるプロデューサーチームPPPが"Ridin' High"をそれぞれカバー。

V.A. - GILLES PETERSON - WORLDWIDE PROGRAMME 2 (2xLP) (VG/G) 864円(税込)

Gilles Peterson監修のコンピレーションシリーズ第二弾。Talkin' Loud時代からこの人の信者ですが、やっぱり選ぶ音にGillesらしさがあって、また学ぶところも多い。いい企画だと思います。

TIM 'LOVE' LEE - CONFESSIONS OF A SELECTOR (2xLP) (VG+/VG) 864円(税込)

元々UKのDJ/プロデューサーだと思いますが現在はNYに活動拠点を移しているようです。本作は2000年あたり渋谷DMRにあふれ返ってたようないわゆるネタ系のBreakbeatsの先駆けとも言える内容。今聴き直してもダサくない、しっかり作りこまれたビートが多いです。

BOMB THE BASS - BEAT DIS (12") (VG+/VG+) 864円(税込)

UKのプロデューサー、Tim Simenon率いるBomb The Bassのデビューシングル。Coldcut "Beats And Pieces"やM|A|R|R|S "Pump Up The Volume"と同じニオイがするネタの切り貼り具合。87年の最先端をいくミュージックだったのでしょうね。

BEATFANATIC - COOKIN' / JOGANDO CAPOIERA (12") (VG+/EX) 864円(税込)

その作風からSoulやJazz、Latinに精通していることは容易に想像がついてしまうスウェーデンのDJ/Producer、Beatfanaticの2003年作。彼の作品の中でも、そしてRaw Fusionレーベルの中でも個人的にお気に入りの一枚で、この手の音楽に馴染みのある方なら両面共に戦力となることと思います。

INCOGNITO - ALBUM SAMPLER (12") (EX) 972円(税込)

UKのAcid Jazzブームを牽引したバンドIncognito。盛者必衰の音楽業界で他のグループが失速していく中、時代にフィットした進化を遂げながら最新作"In Search Of Better Days"に至るまでコンスタントにリリースを重ねているのが彼らのすごいところ。本作は2002年のアルバム"Who Needs Love"から4曲をピックしたEP。全曲サンプルご用意しましたので是非聴いてみてください。

QUANTIC & ALICE RUSSELL WITH THE COMBO BARBARO - LOOK AROUND THE CORNER (10") 1,080円(税込)

Tru Thoughtsレーベルの看板アーティストQuanticの2012年作。2000年代前半でやりつくした感のあるいわゆるBreakbeats的手法から離れ、Alice Russellのボーカルを活かすソウルフルな作品づくりを実践しています。

KIMARA - A NIGHT TO REMEMBER (12") (VG+/VG+) 1,296円(税込)

リリース当時から一発屋臭だいぶきてましたけど、まぁ案の定でしたね。Jody Watleyには遠く及ばないもののトータル的な高揚感はオリジナルに引けを取らないほどで、90年代後期のダンスフロアにはマッチしていたと思います。これもBPM早めのR&BやNJS路線が好きに方におすすめするのが筋かなと思います。

RAE & CHRISTIAN - ANOTHERLATENIGHT (3xLP) (VG+/VG+) 1,512円(税込)

スタジオエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、The PharcydeやA.D.O.R.のリミックスを手掛けるなどヒップホップ寄りの仕事でも評価の高いUKのプロデュースチーム、Rae & Christian監修のコンピレーション。かなりマイナーな物含め、世界のElectronic系ビート職人たちの仕事を楽しめる内容。Jose FelicianoやRick Jamesの収録はどういう意図かわかりませんが、まぁいい曲ですのでオマケとしてはお得かと。

DEADBEATS - GOT IT GOIN ON (12") (VG+/--) 1,512円(税込)

UKのDJ/Producerチーム、Deadbeatsの99年作。90年代中期からリリースがあり、元々ヒップホップ寄りなインスト作をつくるイメージがありますが、この年代になるとより緻密な表現力を身につけています。ユルめのダウンテンポがお好きならAimによるRemixもおすすめ。Shaggyに扮してガチイタ電する曲、というか音源"I'm Tellin Ya ..."も笑えるのでとりあえず一回だけどうぞ。

HERBIE HANCOCK - ROCKIT (12") 1,620円(税込)

昨今は踊る!さんま御殿!!のサブ出しBGMとして定着しているのがやや残念ですが、ヒップホップという音楽文化をマスにアピールした重要な作品です。ドキュメンタリー映画"Scratch"の中でCut ChemistやMix Master MikeもDJingへの初期衝動としてこの作品を挙げているほど。30年以上経った今でさえ近未来を感じるサウンドですから84年にグラミー賞を観ていた人々にはどれほど奇異にうつったことか。※ジャケットにシール貼り、ラベルにマーキングあり。


カートの中身を見る

その他のページ

International Shipping
盤反り修正サービス